冬の間にメンテナンス

Pond 池

冬の天気

今、この記事を執筆している5月は秋が終わり冬の始まりを告げる季節です。冬になると気温はぐっと下がり、オークランド全域は雨が多くじとじとした気候となります。ニュージーランドを表す言葉に「Four seasons in one day」という言葉があり、言葉の通り「1日の中に四季がある」日が多くなります。これは、朝方に一気に冷え込んだかと思うと日中にはTシャツでも過ごせるほど気温が上がり、太陽が隠れた瞬間にダウンジャケットが欲しくなるくらい涼しくなったり雨が降ったり、終いには夜にしとしとと雨が降り始める、といったように1日の中でも四季が回っていることを表しているんですね。
このように冬の天気は予想しにくいため、この時期の結婚式は夏と比べると少ないかもしれませんが、冬の間にはほぼ毎日といっていいほど虹を見ることができます。HighRidgeでは屋内でも披露宴や結婚式を執り行えることが強みですので、虹のパレードを楽しみながらおくつろぎいただくことも一つの有意義な過ごし方ではないでしょうか。

HighRidgeのメンテナンス

そうはいっても、ニュージーランドのウェディング業界では冬に来年の夏の準備をすることが多く、HighRidgeでも同様に内観・外観のメンテナンスを積極的にやっています。
壁に這って育つ、つる草の剪定、噴水の掃除、垣根の剪定、各植物への肥料、そして壁のクリーニング、といったように多種多様なメンテナンスを行っています。現在は庭の池に無造作に生えていた水生植物を全て取り除き、汚れた水を抜き出して壁の内側の清掃し、色がおちかかっていた外側をペイントしなおしました。今回は水生植物を入れるのではなく、大きめの石を底に敷き、ポンプを使って常時きれいな水が流れてるようにする予定です。シンプルではありますが今からどのような外観になるのか楽しみです。

壁の掃除のコツ

今回、池の壁をきれいにする際、壁を効率よく、プロフェッショナルのような仕上がりにするために得たコツを紹介します。

用意するもの

  • ウォーターブラスター
  • 靴磨きブラシ
  • シュガーソープ
  • ペンキブラシ(太、細)

まずはブラシを使って、泥や大きく目立つ汚れをざっと落とします。
次にウォーターブラスターを使って、丁寧に壁の汚れを落とします。このときブラスターの勢いでペンキの下地まで剥がれることがあるので注意。
淡い緑色や薄茶に変色した個所がとてもきれいになるはずです。
ここまでやるだけでだいぶきれいになりますが、それでも目立つ汚れをシュガーソープを使ってしつこい汚れを落とします。
あとは壁を乾かし、ペンキを塗りましょう。

池の水生植物を取り除き、ブラシで泥を落としたところ

Pond 池

ウォーターブラスターをしてペイントし、きれいな池になりました

Pond 池

コメントを残す

*